2015年04月04日

年金ってどのくらいもらえるのか?

 年金ってどのくらいもらえるのか調べてみました。
どうも簡易計算方法があるようです。

 国民年金は、下記のように2万円に国民年金加入年数をかけると年間にもらえる金額になるようです。

 (65歳から毎年もらえる国民年金の概算金額)=2万円×(国民年金加入年数)

これからすると、40年おさめると80万円/年になります。
月にすると66,667円/月になります。
かなり少ない。これだけでは、生活できません。

また、国民年金をおさめた年数が少なくて25年だと50万円/年になります。
月にすると41,667円/月になり、とても生活できません。

次に、厚生年金の簡易計算法は、生涯年収に0.0055を掛けると概算が出てくるようです。

 (65歳から毎年もらえる厚生年金の概算金額)=(生涯年収)× 0.0055
あるいは、
 (65歳から毎年もらえる厚生年金の概算金額)=(平均年収)×(サラリーマン年数)× 0.0055

平均年収600万円で38年働いたとすると125.4万円です。
国民年金40年おさめた場合の80万円と足すと205.4万円。
月にすると171,167円/月です。

節約生活をしないといけないかな。

以前の記事で、1ヶ月の生活費を計算してみましたが、最低12万円くらいはかかります。

たぶん15万円くらいが現実的な金額かと思います。
月3万円はおこずかいです。

国民年金と厚生年金あわせて、節約してくらしたらやっと暮らせる程度なんですね。
やはり、定年までに貯蓄しておかないといけないようです。
その貯蓄した金額分が余裕を生むのかなと思います。
posted by hii at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。