2015年10月24日

なぜ、モデルルームのような部屋にならないか?

無印良品にいったら、モデルルームのようなかんじにデスプレイされていました。このようにディスプレイされていると、こんな部屋に住んでみたいなと思ってしまいます。しかし、現実には、そこまではなかなかいきません。ディスプレイされているとおり、すべて買って、部屋に配置したとしても、なかなかうまくいきません。
P_20151024_145346.jpg

なぜ、モデルルームのようにならないのか?


なぜ、モデルルームのようにならないのか?それは、モデルルームには、モノが圧倒的に少ないからです。モデルルームにディスプレイされているモノだけでは、なかなか生活できないからです。

モデルルームは、生活感がまったくなく、そのような部屋に住んでみたいなと思いますが、実際、生活するとモノが増えていき、そのモノにより生活感いっぱいの部屋になります。

ホテルの部屋も生活感のない部屋です。ホテルの部屋は、数日間過ごせるだけのモノで、モノが少ないからです。また、毎日、掃除されるので、非常にきれいです。

モノを減らせば、生活感のないモデルルームのような部屋になる


ですので、モノを減らすことができれば、生活感が消え、モデルルームのような部屋になるということです。そして、掃除を頻繁にし、きれいにすることです。

最近、断捨離をして、モノが少しづつ減ってきました。床には、テーブルとか、イスとか、机とかといった家具しか置かれていない状態まで近づいてきました。収納に入る程度のモノまで、へらすことができつつあります。

このような状態だと、掃除もしやすく、部屋も比較的、きれいに保つことができるようになります。また、次の段階としては、テーブルや机の上のモノも減らしていくほうがよいのでしょうが、なかなかそこまではいきません。

今のところ、毎日使うものは、机の上に置いていいことにしています。毎日使わないものは、収納に入れておくようにします。さすがに、毎日使うものを収納に入れておくと、収納の扉を開ける頻度が多くなり、不便を感じてきます。

まだまだ、モデルルームやホテルの部屋まではいきませんが、さらにモノを減らせば、モデルルームやホテルの部屋のようになるのではないかと思っています。



posted by hii at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 整理・断捨離プラス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。